【速報】12/1〜北海道で仕事しながらモーターライフ満喫中!

突然ですが!北海道にイキタイ!!

こんにちは! Taichi(@Apple_0419)です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。今年もなんと残り1ヶ月ほどになりましたね。

今年はコロナウィルスの影響もあって、思い通りに過ごせなかった人が多いと思います。自分もその中のまさに1人でした。どれだけあがいても、頑張っても前進した感じが全くしませんでした!

2020年のラストにこんなに大きなお話が来るまでは…

さてさて前置きはこのぐらいにしておいて、この度、様々なご縁もありましてなんと「北海道」にいくことになりました!!

え、何をしにいくかって?それはもちろん「お仕事」でございます!

スポンサーリンク

なぜ北海道!?

この度、日頃からご一緒にお仕事させていただいているモータースポーツ関係の社長様(会社名と名前は控えさせて頂きます)にご紹介してもらい、北海道でのモータースポーツ関係のお仕事の話をいただくことができました!北海道ですよ!ワクワクしませんか?

仕事の取り組み方を色々考えていて、その話をいただいたとき思いました。

仕事もある…行くならこのタイミングしかない。

これは貴重な体験になる。自分の実力を試すことが出来る。

自分の進むべき方向性が決まっていないときは、いろいろな不安に襲われますよね…「上手くいかなかったらどうしよう」とか「これからどうなるんだろう」とか。

そんなことを考えてモヤモヤしているときにご相談に行ったのがキッカケでした。

ご縁に感謝です。精一杯取り組ませていただきます!

スポンサーリンク

どのぐらい北海道に滞在するの?

自分に与えられた時間は「3ヶ月間」

その長いような短い期間で、何か形にしなければいけないですし、しっかりと成果を出さなければならない。

なぜならそれは、やらされ仕事ではなく、より良くする、よく言えば「コンサル」的な要素も含まれているからである。

「信頼」されて、「成果」が残せるか、自分がそこにいる「意味」をしっかりと示すことが「仕事」なのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

どんなところでお仕事するの?

この「新千歳モーターランド」さんでお世話になります!!

とっても立派な施設です。。

住み込みで「雪かき」「モータースポーツ関連業務」をする予定です。色々なことを考えたり、色々な資料作ったりとより良い職場や環境にできればと思っています。

とりあえずコースを「100周」してこいと言われたので、「219周」しておきました。

腕が全く動きません。笑

▼よかったら読んで、遊びに来てくれると嬉しい!

関連記事:手軽にモータースポーツを体験できる!レーシングカートの魅力とは?

▼ホームページはこちらから

▼場所はここだよ!

スポンサーリンク

コロナなんてブッ飛ばせ、ハングリー精神を身につけろ

ここでちょっと真面目なお話をしたいと思う。

今時期の過ごしかたで、今後に大きく差が出ると正直思っている。

じっとしていれば「通常通り」に戻るなんてことはなく、コロナが与えた影響はきっと大きな変化をもたらしていくと思う。もちろん今まで通りには戻って欲しい。

今の時期に家でのんびり過ごしている人と「危機感」を持っている人とでは今後の「生存率」が違うんじゃないかと。最近感じるようになってきた(個人的主観)

考えない人たちは、この停滞している時期で大きく差ができてしまい、自分で考えて行動している人たちが着実に前に進み、情報発信をしたり、コンテンツを作ったりと…。

逆に「チャンス」だとも思います。ここで考えて動けてさえいれば、来年、再来年はきっと活きてくるはずです。

心が死んでいれば、それは「負け」

2020年は何かとトラブルが多かったなぁ。特には中旬ぐらいがピーク。完全に「負けのハート」になっている状態だった。

私はどんなに素敵な才能より「気持ち=ハート」がコントロール出来なければ、身体をうまく使うことはできないと思っている。

ただ心を「鍛える」とか「メンタルトレーニング」という言葉はあまり好きではない。

鍛えることは、筋肉と違って「超回復」で治るわけでもないし、大きくなるわけでもない。

それは実際に「壊れた」ことがある人間だけが、わかることだ。「整える」「コントロール」することが大切だと思っている。

しかし逆を返せば「ハート」がしっかり生きていれば、どんな逆境にも立ち向かえるという事なのだ。

何も実りのない時期を過ごして

今年の上半期は特に「実り」がなかったのだ。

それは勤めている会社がほぼ「休業状態」になっているからだ。

仕事したいけど仕事がない!出かけたいけど出かけられない…!そんな時間を過ごしているといろいろ考えることもある。このままでいいのかという「危機感」。いや感じてる時点で既によくないことがわかっているはずだ。

持っているものをなるべく最小限にする

背負っているものをより少なくして、「精神的」な負担を軽減することをする事にした。趣味である買い物やバイク用品の購入を一旦抑えて、現状の仕事と健康に集中して取り組む事にした。

ミニマムにやるべき事に集中して、毎日を「精一杯」生きる時間が時には必要だと思います。

余計なものや事に気が散ることがない状態が「成長」にはもってこいだと思うのです。

人が成長する要素、生き残れる生物と生き残れない生物

生物学者さんの面白い記事を見つけました。

記事:最強の恐竜が滅び「弱者」が生き残った理由とは?

引用・出展:THE21ONLINE

今まで人類は5回の大量絶滅が起こり、最大で96%もの種が絶滅した。

哺乳類が生き残れた理由は「小さかったから」である。

夜型への進化が、哺乳類の武器に。「夜」に行動することは簡単ではない。哺乳類たちは、暗い闇の中でもエサを探すことの出来る嗅覚と、聴覚を発達させた。そして、感覚器官を司る脳を発達させて行くのである。この逆境の中で身につけた感覚器官と脳が、後に哺乳類の繁栄の武器となるのである。

人類は生き残るために様々な進化を続けてきた。時には自然環境で強制的に「生き残る」ための選択をして、よりよく「生きるため」の進化をして、前に進んできた。

そもそも現代社会において「生き残る」とはなんなんだろうか。

私は、

「意志」を持って「行動」して「成果」をあげる

それが現代社会で生き残ることだと思います。

意志を持って行動しても結果にならなければ、勝てないですし。意志がない行動は大した成果にならないと思うからです。

そう気分はもう…

仕事もガンガンする予定だが、せっかくなので住む場所と環境を変えて、新しい自分になりたい!

冬の北海道を連想した時に、「ロッキーⅣ」だと思った。。

それは雪山で過ごし、トレーニングするロッキー、「どんなに困難な状況でも敵に立ち向かう姿」は何度も何周も見ても感動するし、涙が出る。年齢も30代前半ぐらいなので年代的にも感じるところはある。

「たとえ全てを失っても前に進み続ける姿勢=生きること」を学ぶことができる。

年代的にわからない人がいたら映画ロッキーシリーズはぜひ見て欲しい。シルベスター・スタローンの名作だ。

北海道のみなさん勝手なイメージすみません。笑

スポンサーリンク

前に進むんだ。

こんな時代だからこそ「前に進む」

過ぎた時間は戻ることはないし、楽しい思い出も辛い思い出も昔のことになる。今を生きてるんだと実感する。未来も過去もなくて、今できることを精一杯やることが何よりの恩返しだと思う。

なんだか、自転車によく似ていると思う。

はじめは乗れないけど乗ろうと「努力」する。

走りはじめて、不安定だけどその場に留まろうとすると「倒れる」

不安定だけど前進しようとすると「進む」「安定してくる」

時には「転倒」することもあるけど、「確実に前に前進している」

その繰り返しで少しずつ前に進むのだから、「後退」はしないし、「変化」も起こる。

まあ時には来た道を戻ることもあると思うけどね。

 

「読んでくれる方の為になること」

「こんなことしてる人がいるんだ」と勇気を与えられるために。

誰かのためになれるように、情報を発信を続けていきたいと思っています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です